Connect with us

IGNITE

Circuit Rule

サーキットを走るために:安全のために揃えるべき装備品とは

サーキットを走るために:安全のために揃えるべき装備品とは

サーキットの服装規定は案外手軽なものが設定されていますが、モータースポーツの危険性を考えるとより安全だと言える装備品を揃えるべきである、という話を前回しました。では具体的にどのような装備品を揃えるべきなのでしょうか?今回はその部分についてお話しします。

サーキットを走るために:安全を意識して装備品を揃えよう

「自分の車でサーキットを走ってみたい!」そう思い立った時に、まず何から始めればいいのでしょうか?多くの人は”自分の車がサーキット走行に耐えられるものなのか?”というところがまず気になるかもしれませんね。

Advertisement

FIA公認品を選べば間違いない

”四輪車でサーキット走行を楽しむ”という大前提と照らし合わせたとき、選ぶべき装備品の基準はとても明確です。FIA(国際自動車連盟)規格の公認を取得したものを選ぶこと、ただそれだけです。FIA公認品は非公認の製品と比べて価格が高価ではありますが、ドライバーの安全を守るために定められたあらゆる規定をクリアした製品です。

最低限必要な装備品

ヘルメット

何よりもまずヘルメットが無ければ話になりません。頭部を衝撃から守るために装着するヘルメットは、信頼するブランドの製品を選びましょう。四輪用・カート用・バイク用がありますが、四輪用とカート用は左右方向に、バイク用は上下方向に広く視界が取られており、使用目的が明確に異なります。また内部が難燃素材で構成され、FHRデバイス(後述)の取り付けが可能なものは四輪用ヘルメットのみですので、必ず四輪用を選びましょう。

レーシングスーツ

上下の衣類が繋がっていることから、レーシングスーツは「ツナギ」と呼称されることがあります。しかし、作業現場などで用いられるそれとレーシングスーツは全くの別物です。特に四輪車は、事故後の車両からの脱出に時間がかかる場合が多いため、四輪用レーシングスーツは車両火災時のことを考え難燃素材で構成されています。低価格のものから高価なものまで種類が多くありますが、一般にグレードが上がるごとに通気性や柔軟性、軽量性が向上していきます。

レーシンググローブ

レーシンググローブはいずれもフルフィンガータイプで、手首の部分が長く作られています。レーシングスーツと同じく難燃素材で構成されており、手のひらの部分にはハンドルとのグリップを高める工夫がされています。手によくフィットし、かつグリップの高いレーシンググローブを使用すると、ミスなく正確なハンドル操作が可能になります。またハンドルからのインフォメーションをより多く受け取ることができるため、ドライビングテクニックの向上にも役立ちます。

レーシングシューズ

スポーツドライビングに特化するため、レーシングシューズのソールは薄く、踵は丸く、全体的に細身に作られています。非常に薄いソールによって繊細なペダル操作を可能にし、細身なボディが正確なペダルワークをサポートします。ブレーキペダルやクラッチペダルを踏んだ瞬間に一般的なスニーカーとの違いが体感できるほど運転用途に特化しており、歩行には不向きです。

さらに安全性を高める装備品

FHR(頭頚部保護)デバイス

走行中にクラッシュしてしまうと、体には大きな負担がかかります。特に壁にぶつかったなどで急減速した場合、首がぐっと伸びることで頭蓋底骨折や筋肉の破断のリスクがあります。その危険性を大幅に減少させたのが、HANSに代表されるFHRシステムです。安全のためにまず装着しておく必要があると言えるでしょう。

ただし、FHRシステムは単体では機能しません。対応ヘルメット・フルバケットシート・競技用シートベルトと組み合わせて初めて、その意味を成します。

アンダーウェア類

さらに耐火性・耐熱性能を向上させるためには、難燃素材で構成されたアンダーウェアを着ることが効果的です。アンダーウェアには、シャツ・パンツ・フェイスマスク・靴下の4種類があります。ヘルメットやレーシングスーツの清潔を保つという意味でもおすすめしたいグッズです。

全て揃えれば公認レースへの出場も可能

以上が安全のために揃えるべき装備品の全てです。揃えると大きな出費となってしまいますが、上記のレースギアがあればスーパーGTやスーパー耐久といった国内トップカテゴリーはもちろん、海外の有名レースでさえ出場することのできる要件を一つ満たすことができます。プロドライバーでもホビーレーサーでも、レース基準の安全装備を装着して邪魔になることなど何もありません。

身の安全を確保すること、それはサーキットを走るにあたってまず最初に優先されるべき項目です。より安全にサーキット走行を楽しむために、正しいレーシングギアを装着しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

藤松 楽久

IGNITE編集長。レーシングカートでレースをしたり、愛車でサーキットを走ったりしています。

カテゴリー: Circuit Rule

To Top