Connect with us

IGNITE

Circuit Rule

サーキットを走るために:安全を意識して装備品を揃えよう

サーキットを走るために:安全を意識して装備品を揃えよう

「自分の車でサーキットを走ってみたい!」

そう思い立った時に、まず何から始めればいいのでしょうか?多くの人は”自分の車がサーキット走行に耐えられるものなのか?”というところがまず気になるかもしれませんね。しかし安心してください。きちんとしたメンテナンスを受けている車両であれば、アクセルを底まで踏んでも即座に壊れることはありません。何よりもまず最初に準備すること、それは身の安全を守るために装備品を揃えることです。

Advertisement

意外と手軽なサーキットの服装規定

モータースポーツには危険が伴います。それがレースではなく、趣味のスポーツ走行であっても、です。このためほとんどのサーキットでは、4輪車の走行の際には、ドライバーや同乗者へ以下のような服装規定を設けています。

  • ヘルメット(フルフェイス/ジェットなど耳や後頭部が露出しないもの)
  • フルフィンガータイプのグローブ
  • 運転に適したシューズ
  • 長袖・長ズボン

「あれ?意外と手軽だな」と思いましたか?そうなんです。実はヘルメットとグローブさえ用意してしまえば、後は普段着ているような服とスニーカーで、手軽にサーキットを走ることができるのです。サーキット未経験の人が想像する以上に、サーキットの門戸は大きく開かれています。

ヘルメットとグローブさえ用意すれば、普段の格好で走れないこともありません。

でもそれって本当に安全なの?

しかしそのような手軽な服装は、サーキット走行をするにあたって本当に安全だと言えるのでしょうか?例えば化学繊維の衣類は非常に燃えやすく、万が一車両火災が発生した場合はやけどを負う可能性があります。手首までしかない短いグローブでは、肌が露出してしまい車両横転時に擦り傷を負うかもしれません。横幅の大きな靴はペダルに引っかかり、ブレーキがうまく踏めない場合があります。格安品のヘルメットは、そもそも何の役にも立たないかもしれません。もし間違った服装で事故が起きてしまった時には、明日の仕事はもちろん、自分自身や家族の未来まで失ってしまうこともあり得ます。

モータースポーツの安全はお金で買える

スポーツ走行は各サーキットの規定に収まってさえいれば、どのような服装で走行してもルール上問題はありません。サーキットを走る全てのドライバーは、自己責任を強く持つ必要があります。万が一何かが起こった時、その責任を負うのはあなた以外に他ありません。しかし、全身大やけどを積極的に負いたい人など普通はいません。できるだけ安全な服装で走りたいと思うのは当然です。

では何が本当に正しく安全な服装なのでしょうか?一つ一つ自分の衣類を調べ、実験し、最も安価な方法を探るのも悪くはありません。しかし、ことモータースポーツにおいて、安全はお金で買うことが可能です。では具体的にお金で買える安全装備とは何なのか?それは次回のお話とさせていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

藤松 楽久

IGNITE編集長。レーシングカートでレースをしたり、愛車でサーキットを走ったりしています。

カテゴリー: Circuit Rule

To Top