Connect with us

IGNITE

Racing Gear

【スーツ編】スパルコ2020モデル!欲しい機能性で選べる豊富なラインナップ

【スーツ編】スパルコ2020モデル!欲しい機能性で選べる豊富なラインナップ

こんにちは!

モーターレーシングストア Star5 高崎です。

番外編 第三弾として、つい先日発表されたばかりの『スパルコ 2020年モデル レーシングシューズ』の概要をお伝えして参ります。 新しいシーズンに向けて、『機能、デザイン、価格』を一新した最新モデルを是非ご検討いただければ幸いです。

ADVERTISEMENT

FIA安全規格がアップデートされました

まず初めにお伝えてしておく必要がある事として、レーシングギアの耐火性能の安全基準であるFIA安全規格が、これまでの『FIA 8856-2010』より『FIA 8856-2018』へとアップデートされました。

今回のアップデートでは『より耐火性能が重要視』されたものとなってなり、万一の火災アクシデント発生時に、より長時間に渡ってドライバーを火の脅威から保護する必要があります。

それに伴い、必然的にスーツやグローブ、シューズの生地を『分厚く』設定する必要があり、レーシングギアの使い心地としては『硬く、分厚くなる』傾向にあります。

このあたりの使い心地の悪さを、各社がどのようにクリアして行くのか?が、レーシングギア選びのポイントになるかと思います!

FIA 8856-2018規格の使用義務化はトップカテゴリーから

そんな、最新のFIA規格(8856-2018)ですが、段階を追って使用義務付けカテゴリーを拡大して行く事がFIAより正式にアナウンスされています。

2020年度は『Formula1』『Formula E』『WRC』のカテゴリーに使用が義務付けられます。

国内の主要カテゴリーについては、本日現在、まだ正確なアナウンスは出ていませんが、遅くとも『2029年にはすべてのカテゴリーで使用義務化』となる事が発表されています。それまでの間は、旧規格品(FIA 8856-2000)でも公認4輪レースに参加する事が出来ますので、その点はご安心くださいね。

前置きが長くなりましたが、それでは「スパルコ 2020年モデルレーシングシューズ(FIA公認 4輪用)」をモデル別にご紹介して参ります。

スパルコ 2020年モデルレーシングスーツ(FIA公認 4輪用)

PRIME(プライム) FIA 8856-2000公認

敢えて旧規格(FIA 8856-2000)品とすることで、極限まで「軽量性」と「通気性」に拘り、レーシングスーツの概念を覆す、世界最高峰のテクノロジーを体現した4輪ドライバー用スパルコ レーシングスーツのハイエンドモデルです。

本体重量はたったの「740g」しかありません(EU52サイズ)。

フォーミュラカーを代表する、腕の自由度が限られたコクピット内でも腕の可動域を最大限まで向上させる「大型ストレッチパネル」や、よりスリムに設計されたカッティングパターン、HANSデバイスとのマッチングを考慮した肩フラップなど、まさにプロフェッショナルの為の一着です。

無駄を最小限に削ぎ落としたデザインで、フォーミュラカーやツーリングカーを問わず、すべてのカテゴリーにお勧めです。

※旧規格品ですが、2020年以降も国内外の公認4輪競技で着用可能です。

EXTREMA-S(エクストリーマ エス) FIA 8856-2000公認

スパルコ社が独自の「HOCOTEX(ホコテックス) テクノロジー ※特許取得済み」を使用した、トップモデル。

複数枚の難燃生地を縫い合わせる事で耐火性能を強化させる通常の製造方法とは異なり、独自技術により複数枚の難燃生地を「織り合わせる」事に成功。これにより、実際は4レイヤー(層)からなる難燃生地を1レイヤーとして製造する事が出来、「薄くて軽い」一着に仕立てられています。2020年モデルでは、耐火性能と通気性能が従来品に比べて30%向上させる事に成功しました。

PRIMEと比べると重量面では劣りますが、通気性ではETREMA-Sの方が優れており、高温多湿の車内環境下でドライビングするツーリングカードライバーにお勧めです。

※旧規格品ですが、2020年以降も国内外の公認4輪競技で着用可能です。

EAGLE 2.0(イーグル) FIA 8856-2018公認

最新の耐火安全基準である、FIA 8856-2018規格公認を取得した4輪ドライバー用レーシングスーツのフラッグシップモデル。

(旧規格に比べて)より厳格な耐火安全性能を求めらる最新の安全基準の関係上、どうしてもスーツ生地が分厚くなってしまうデメリットがあります。そんなデメリットを、スパルコ独自の「HOCOTEX(ホコテックス)」テクノロジーによって最小限に留めた意欲作です。

両側面に配置した専用生地は卓越した通気性を誇り、真夏のドライビング時にも快適な着心地をドライバーに提供。新開発のExtra Flat Seam製法により、スーツ縫い目(内側)の高さを限りなく低くする事で実現した、ゴロつきの少ない快適な着心地も魅力の一つです。

フォーミュラカーやツーリングカーを問わず、すべてのカテゴリーにお勧めです。

X-LIGHT(エックスライト) FIA 8856-2000公認

圧倒的な通気性と軽量性を追求した、4輪ドライバー用レーシングスーツのミドルレンジモデル。

両側面に配置したX-LIGHT専用生地は卓越した通気性を誇り、真夏のドライビング時にも快適な着心地をドライバーに提供。速乾性にも優れており、積極的に過度な体温上昇を抑制します。新開発のExtra Flat Seam製法により、スーツ縫い目(内側)の高さを限りなく低くする事で実現した、ゴロつきの少ない快適な着心地も魅力の一つです。

フォーミュラカーやツーリングカーを問わず、すべてのカテゴリーにお勧めです。

※旧規格品ですが、2020年以降も国内外の公認4輪競技で着用可能です。

VICTORY(ヴィクトリー) FIA 8850-2010公認

1レイヤー仕様のレーシングスーツとして世界で初めてFIA2000規格を取得し、圧倒的な軽量性と通気性を誇るHOCOTEXテクノロジーを、若干の重量増と引き換えにコストダウン。それでも従来エントリーモデルを遥かに上回る「350gr/mq」の軽量性と約2倍の通気性を達成。

EAGLE 2.0に比べて、伸縮性ランバー素材の使用を最小限に留める事で、イタリアンセンス溢れるスポーティーなルックスが特徴の一着です。腕の可動域を広げるフルフローティングアーム機構や腰部の伸縮性ランバーパネルを装備するなど、上級モデルに匹敵するコストパフォーマンスの高さが魅力。

主にツーリングカードライバーにお勧めの一着です。

※旧規格品ですが、2020年以降も国内外の公認4輪競技で着用可能です。

VINTAGE CLASSIC(ヴィンテージクラシック) FIA 8856-2000公認

古き良き70年代の雰囲気を再現したFIA2000公認の4輪ドライバー用レーシングスーツ。シンプルなストライプや胸ポケット、くすんだ色合いなど細部までクラシックスタイルを追求したデザインと、最新の安全技術を融合させました。

耐火性と軽量性に優れたNOMEX生地を3レイヤー(層)で使用し、腕の自由度を高める降るフローティングアームや腰部の屈曲性を高めたストレッチパネルの採用など、現代の四輪ドライバーに求められる基本性能を網羅。

クラシックカーはもちろん、レトロなデザインを好むツーリングカードライバーにお勧めです。

※旧規格品ですが、2020年以降も国内外の公認4輪競技で着用可能です。

COMPETITION(コンペティション) FIA 8856-2000公認

新テクノロジーをスタンダードデザインに落とし込んだ、4輪ドライバー用レーシングスーツのミドルレンジモデル。

細身に仕立てられた「立体裁断アーム(袖)」は、タイトなコクピットにも対応。モタつきを抑え体型に併せて伸縮する「大型ランバーパネル(腰)」、
腕の可動域を最大化する「フルフローティングアーム(腕付け根)」など、レーシングスーツに求める基本性能をすべて網羅した、Sparco社のNewスタンダードと言える一着です。

日本人の体型とも相性の良いサイズ型紙が採用されており、老若男女、幅広い年齢層のドライバーにお勧めです。

※旧規格品ですが、2020年以降も国内外の公認4輪競技で着用可能です。

COMPETITION +LADY (コンペティションプラスレディー)FIA8856-2000公認

女性の体格に合わせた専用設計の4輪ドライバー用レーシングスーツです。

本体素材には生地層の縫い合わせステッチを省略することに成功した、新テクノロジーを採用。柔軟性/軽量性に加え、通気性が大幅に高められており、シーズンを問わずストレスフリーの着心地を実現しました。

「立体裁断アーム(袖)」「大型ランバーパネル(腰)」「フルフローティングアーム(腕付け根)」など、レーシングスーツに求める基本性能をすべて網羅した、Sparco社のNewスタンダードとも言える一着です。

※旧規格品ですが、2020年以降も国内外の公認4輪競技で着用可能です。

SPRINT (スプリント) FIA 8856-2000公認

本体素材に耐火性コットン生地を採用し、柔軟性とFIA2000公認の安全性を両立した4輪ドライバー用レーシングスーツのコストパフォーマンスモデル。

従来モデルをベースに、スーツ本体形状やカッティングパターン、デザインを見直す事でより快適性とファッション性を向上させました。本体素材に使用される新開発の耐火性コットンは、セミグロスの上品な艶が特徴で、ソフトな肌触りと優れた通気性を誇るスパルコ社独自素材を採用しています。

機能面では「腕の可動域を広げるセミフローティングアーム」や「腰部の伸縮性ランバーパネル」などを装備し、サンデーレーサーはもちろん、上級者まで納得の着心地を実現しています。

※旧規格品ですが、2020年以降も国内外の公認4輪競技で着用可能です。

デザインや価格だけでなく、欲しい機能を追求出来る商品ラインナップ

いかがだったでしょうか?今回は「2020年発表モデル」だけをピックアップいたしましたが、昨年からの継続モデルも含めると実に「11モデル」ものFIA公認レーシングスーツが用意されています。

これだけ数多くのモデルがあると、一体どれを選べば良いのか迷ってしまうと思います。だからと言って、デザインや価格だけで安易に選んでしまうのは勿体ないですね。

安全性は全モデルで世界標準以上のスペックを持っていますから、通気性/軽量性/涼しさ/快適性などの機能性を元にベストな1着を選んでもらえると、より長期間に渡って愛用してもらえると思います。

モデル選びに困ったら、参戦レースや車種・着用シーン・どのように着こなしたいか?と言った事を元に、Star5(スターファイブ)までお気軽にお問い合わせいただければ、最適なモデル/サイズをアドバイスさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

【グローブ編】スパルコの2020モデルを紹介!フィット感が向上しました | IGNITE

今回は番外編として、つい先日発表されたばかりの『スパルコ 2020年モデル』の概要をお伝えして参ります。新しいシーズンに向けて、『機能、デザイン、価格』を一新した最新モデルを是非ご検討いただければ幸いです。

【シューズ編】スパルコ2020モデル!明確なターゲットに合わせたスタイルと機能性 | IGNITE

番外編 第二弾として、つい先日発表されたばかりの『スパルコ 2020年モデル レーシングシューズ』の概要をお伝えして参ります。 新しいシーズンに向けて、『機能、デザイン、価格』を一新した最新モデルを是非ご検討いただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

高崎 保浩

モーターレーシングストア Star5 代表

カテゴリー: Racing Gear

To Top