Connect with us

IGNITE

Circuit Debut

松本武士流、サーキット走行で必要な持ち物リスト

松本武士流、サーキット走行で必要な持ち物リスト

皆さんこんにちは。レーシングドライバーの松本武士です。

前回は走行会など、実際に走行する際の注意事項をお話しいたしました。今回はサーキットへ行く際に必要なもの、僕がよく持っていくものなどをお話しいたします。

サーキットへ走りに行こう!走行会とスポーツ走行枠の違いを説明します | IGNITE

皆さんこんにちは!レーシングドライバーの松本武士です。今回からいよいよ走行へ向けての話になっていきます。がしかし、どの枠で走ればいいのか?ライセンスが必要なのか?いろいろ疑問があると思います。

Advertisement

最低限これは持っておこう!!

サーキットへ【最低限これは持って行ったほうがいい】という物がいくつかあります。

走行前チェックやトラブル発生時に必要なもの

まずは車両編。走行前のチェックはもちろん、トラブルが起きたときに最低限対処できるような工具類が必要です。

  • 空気圧を調整するためのエアゲージ
  • 最低限のネジを回すためのスパナやドライバー
  • とりあえずの固定や応急処置に役立つガムテープや養生テープ
  • 結束バンドとニッパー
  • 小さなものでいいのでジャッキ
  • ウエスとパーツクリーナー
  • ホイールナットの締め具合を確認する ためのトルクレンチ
  • 整備用のグローブ
ジャッキは車載のパンタジャッキで大丈夫です。

もしクラッシュやトラブルが発生したときには、自分でチェックし応急処置をする必要があります。例えばエンジンオイルやクーラントなどの 液体漏れがあれば、自身で車両とピットをきれいにする必要もあります。

いつも必ず知人やショップの方が手伝いに来てくれる環境なら話は別ですが、自走で行って自走で帰るというスタンスなら、自分自身で車を触らねばなりません。車両の構造や整備方法についてよく勉強しておきましょう。

ピットで快適に過ごすためのアイテム

次は人間編。特に走行会などで丸一日サーキットにいる場合は、なるべく快適に過ごせるようなアイテムを揃えたいです。

  • 小さなものでいいのでテーブルとイス(物を置いたり座ったりするのに必要)
  • 小さいものでいいのでレジャーシート(車の中の荷物を出して置くのに必要)
  • 延長コード(ピットが使えれば役に立つ。使えれば…)
  • 冬は電気ストーブ、夏は扇風機(電気が使えれば…サーキットは暑いし寒いし…)
  • 当たり前ですが装備品(スーツ、グローブ、シューズ、ヘルメット、HANS)
サーキットでは工具、イス、テーブルは持っておくと色々助かる。

マシンもドライバーも、これだけ揃えればとりあえず大丈夫だと思います。自走で行き返りする場合は、なかなか荷物が載らなくて大変だと思います。 出来るだけコンパクトなもので揃えて行きましょう。

僕がよくサーキットに持っていく+αアイテム

これらに追加して、僕がよく持っていくものがニつ あります。

まず一つ目はクーラーボックス。サーキットは山奥に作られている事が多いので、僕はあらかじめ飲み物や食べ物を買って、クーラーボックスに保冷剤と一緒に入れておきます。夏は保冷剤が体を冷やすのに役に立ちます。何も買わずに行くと、近くにコンビニが無く困ることが多々あります。

食事などはサーキット内にレストランがあれば大丈夫ですが、タイムスケジュール的に余裕がない場合は、注文してゆっくりレストランで食べることはできないですよね。事前にサーキット内の施設やスケジュール、近くのコンビニなどをよく調べておきましょう。

各サーキットのホームページには施設案内がある。よく確認しておこう。
参照:岡山国際サーキット 施設案内

二つ目は意外と皆さん準備し忘れる着替えです。サーキット走行では 結構汗をかきますし 、雨が降ると濡れてしまう環境の時もあるので、着替えを持って行っておくと帰りに助かることが多いです。ずぶ濡れのまま車を運転して帰るのはすごく不快ですからね…。合わせてタオルも持っていきましょう。

消臭スプレーなどもあればさらに快適かも…
写真のものはレーシングギア専用品のモレキュール

今回お話しした内容は、当たり前の物も数多くあり「そんなこと言われなくてもわかるよ」と思われた方も多いと思いますが、意外とサーキットへ行ってみて気づくことも多いのです。現場で「あれ?何で持ってこなかったんだろ…」となる前に、サーキットへ持っていくものリストを作って、チェックしながら準備するといいかもしれません。

さて、次回は走行会の参加前、参加後に車両の何をチェックしておくべきか、というところをメインにお話ししていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

松本 武士

レーシングドライバーの松本武士です。19歳でフォーミュラでデビューして以来、様々なレースを経験してきました。駆動方式やパワーの違いなど関係無く乗りこなせるように努力し、車種問わず車両のセットアップ能力も身に付けてきました。学生フォーミュラ講師やドライビングレッスン、ディーラーレースチームに所属しメカニックの育成も行っている経験を活かし、皆様のモータースポーツの入門をお手伝い致します。

カテゴリー: Circuit Debut

To Top